渡辺医院

  心療内科・精神科
   027-386-5415 
 電話は診療時間内にお願いします。
 clinic5415@gmail.com
  診療についての問い合わせはメールでもOK

  ネット予約 

 

雲の向こうは
いつも青空

言葉:ルイーザ・メイ・オルコット

  電話予約は診療時間内にお願いします。ネット予約は24時間受けつけています。
  渡辺医院は原則予約制ですが「今日すぐに診て欲しいという方」は,診療時間内にお電話を下さい。相談の上で対応いたします。
 自立支援の方、生活保護の方(11月より)にも対応します。

ネット予約

電話 027-386-5415
 

子どもから老人まで

私が精神科診療を学んだ医局は、日本で最初に児童精神科が誕生した東海大学医学部精神科学教室でした。そこでは,児童精神医学、精神分析、家族療法の研修も行われ、全国から大勢の医師達が研修のために訪れていました。
 岩崎徹也先生から精神分析を、狩野力八郎先生(故人)から精神分析と家族療法を学び、猪股丈二先生(故人)から児童精神医学のスーパーヴィジョンを受けました。優れた恩師、先輩、同僚に出会い、私はライフサイクル(年齢層)全般に対応できる臨床スキルを学ぶことが出来ました。その後は米国などの研修会に何度も参加し、メディカルファミリーセラピーの創始者スーザン・マクダニエルをメンター(師)として仰いでおります。
 私の関われる範囲で、子どもから高齢者まで、全ての年齢層の患者さんと家族に対応していくつもりです。
 精神科医の仕事は、患者さんと家族の歴史や背景を知り、適切な診断と治療を定居うし、身体・心理・社会的に健康になってもらうことです。

 

自分を知る

  社会に適応していくためには「知る」ことが大切です。環境(学校,会社、家族など)を生きていくため必要なことは「自分を知る」ことです。自分の弱さと強さを知ること、苦手な場面、苦手な人、苦手な仕事を知ることで学校や社会への「適応力」が高まります。
 私の専門とする力動的精神療法は、症状、行動、人間関係の問題を,パーソナリティと環境との相互作用という観点から理解していきます。
 人に合わせて生きている人の心には,不安(怒られる、見捨てられる)があるのかもしれません、孤独だったり、淋しいのかもしれません。他人ばかりを批判している人は、自分を知りたくないのかもしれません・・・・・・。
 最近では発達障害(自閉症スペクトラム、ADHDなど)が広く認知されるようになりました。こうした傾向のある人に大切なのも「知る」ことです。自分を知り「適切な生き方」を一緒に探しましょう。

 
 

感情とつきあう

  私達に生ずる「感情」は、楽しいことばかりではありません。
  不安、怒り、悲しみ、落胆、孤独・・・・・・こうした感情に対して私達はどのように付き合っていけばよいのでしょうか。人間の歴史は何千年も前からですが、どんなに文明が進歩しても、感情によって敵対し、時に殺し合いまで起きています。
 こうした感情はどこからやって来るのでしょうか、それにどう向き合い生活していけばよいのでしょうか・・・・・・。感情は外からやってくるものです。不安、怒り、落胆などの一部の感情は薬によって軽減することができます。少し工夫をすれば、感情による影響は意識的にコントロールすることもできます。感情につきあう方法を患者さんと一緒に考えていきます。

 
 

心の家族に会う

  私達の心を育ててくれたのは家族。私達を支援するのも家族。しかしその一方で、傷つけあい葛藤や悩みの原因となるのも家族です。
 心の中にいる親,兄弟,お世話になった人の存在が現在の生活や仕事にも影響します。虐待を受けた経験は、会社の上司や配偶者との関係に影響を与えます。
 優しかった親との経験が、後の人間関係形成の糧にもなります。介護が葛藤や悲しみを引き起こすのは、昔の親子関係や夫婦関係のイメージが心に残っているからです。
 あなたの心の中には、どんな親や子どもがいますか?
 渡辺医院は困ったら気軽に相談に行こうと思える場所になりたいと思っています。欧米では相談できるセラピストや精神科医がいる人は多いようです。

 

 

アクセスと地図 西口を出て大通り歩き1階に大庄水産2階ホットヨガのビルの3階

駐車場について 近隣の有料駐車場をご使用ください。

English OK(英語でも診療できます)

診察時間のご案内

診察時間
午前8時半〜13時 第1、第3
午後3時〜6時 第1、第3
午後6時〜8時

予約時間10分前くらいに来院してください。土日は学会や講演会で休診になることがあるので予約表でお確かめください。

 

休診日 金曜日

午前  8:30~13:00 午後 15:00~18:00
夕 18:00〜20:00

 

問い合わせはメールか電話(診療時間内)

Q.どんな人が受診しますか?

心の問題は誰にでもあります。悩みのない人なんていません。どんなことでも、先ずは相談に来て下さい。
 眠れない、不安になる、イライラする、落ち込む、物忘れが気になる、周囲が自分を悪くみていると思ってしまう、学校や会社で上手にやれない、人間関係ががうまくいかない、不注意を指摘されてばかり、など,気軽に相談にのれる医院を目指します。
  不登校、引きこもり、家庭内暴力、摂食障害など、お子さんの場合、あるいは認知症疑いの高齢者など、本人が来院に抵抗がある場合には、先ず家族だけで相談にきてください。

Q.診療や料金を教えてください

私の専門は精神療法ですので、対話の治療に重点を置きます。
  保健診療ですが,初診は30分は必要になります。その後の治療方針は患者さんや家族と話し合って決定していきます。
  薬は必要最低限しか処方しません。院外処方ですので、処方箋を出しますから院外の薬局でお薬はもらってください。 

  精神分析的精神療法と家族療法については自費診療となります。
 私は精神分析学会認定精神療法医と家族療法学会認定ファミリーセラピストの資格を有しており,長いトレーニング経験と臨床経験を有しています。

Q.精神療法って何ですか?

精神療法とはトレーニングを受けた精神科医や臨床心理士が行うカウンセリングです。心理療法やサイコセラピーとも呼ばれます。個人療法、家族(夫婦)療法、集団療法が代表的な治療です。対話を中心とした治療、絵画や箱庭使う治療などがあります。研修歴や学んだ学派などで、認知行動療法を専門とするセラピスト、私のように精神分析的精神療法(力動的精神療法)や家族療法を専門とするセラピストなどに区分されます。米国では力動的精神療法と認知行動療法の研修が精神科医の必須になっています。保険診療では時間がとれない方には自費診療を行っていますし、信頼のあるカウンセラーを紹介しています。

 

高崎西口精神療法研修室→詳細

   (渡辺医院内)

スーパーヴィジョン

研修会・研究会

講演